フィリピン留学は日本人にとって快適です

フィリピン留学は他の海外よりも日本にとっては近い国です。


飛行機で4時間で着くことができ、アメリカやヨーロッパと比べると半分以下です。

また、英語の語学留学が格安で実現できるのもフィリピン留学の特徴の一つです。英語が苦手な人でも英語のレッスン時間が確保できますし、短い期間なので休暇を使って学びに行けることも可能です。


イメージとして治安が悪いなどの評判もありますが実際に行ってみるとまた訪れたいや、楽しい国とイメージが変わったという人が大半です。フィリピンでは英語とフィリピン語が学校や日常の中で使われているので英語の習得に最適な環境が整っています。



フィリピンの講師が英語の講師として優れているのはその最適な環境が整っているからという背景があります。



また、マンツーマンレッスンを長い時間行っているので講師のレベルや指導力が高いことがわかります。アメリカなどの北米ではマンツーマンレッスンではなく何人かを対象とした英語の授業を展開することが普通です。



フィリピン留学をした人々はマンツーマンレッスン主体の授業スタイルを主にしているのでじっくりと英語を学ぶことができる魅力があります。


1日4時間から6時間のマンツーマンレッスンを行っている学校が多くグループレッスンを行うときも少人数で活動することが多いです。

発言する回数も普通の授業と比べると一対一なので50倍から100倍とまで言われています。

会話が苦手という日本人にも向いているので効果的な留学と言えます。